Category

シェアハウスで生まれる絆の魅力とは

皆さんはシェアハウスという言葉を聞いたことがありますか?シェアハウスとは、何人かの住人で住まいを文字通り『シェア』することを言います。たまにTV番組で特集を組まれていたりもするので、ご存知の方は多いかもしれませんね。シェアハウスでは、たくさんの住人と共に暮らすことが多いです。普段の生活では絶対に出会えない、一風変わった仲間に出会えたり、外人の友人ができたりもします。
また、部屋のタイプはそのシェアハウスによってさまざまなので一概にこうだとは言えませんが、キッチンやシャワー、トイレなどを共有するので、大人数でご飯を作ったり、仲のいい人同士で一緒にお風呂に入ったりして絆を深めることができます。人を集めて大型スクリーンを用意し、みんなで映画を見たり、座談会を行ったり、時には勉強会を開いたりすることもあります。クリスマスにはクリスマスパーティーと題して各々が料理を披露したり、得意な手品を披露したり、みんなでトランプで遊んだりもします。
そうした中で、家族とはまた違う『共同体』としての固い絆が生まれるのです。もちろんそれだけではなく、シェアハウスで暮らすことによって家賃が格安に抑えられるというメリットもあります。一人暮らしをしたいけど費用が足りなくて困っているとか、寂しがり屋だから一人暮らしは耐えられそうにないという人は、ぜひ一度シェアハウスを検討してみてくださいね。

シェアハウスで外国人と交流しよう!

外国人観光客が増えた今、「英語力を伸ばしたい」「外国人な友達や恋人を作りたい」という人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが、インターナショナルシェアハウスです。インターナショナルシェアハウスは、日本人と外国人が共同生活するためのシェアハウス。インターネットで探すと、様々なシェアハウスが出てきます。エリアや部屋タイプからお気に入りの物件を探してみましょう。
たいてい入居者の人数や国籍が表示されているので、規模や国籍バランスが自分に合っているか見極めることが大切です。インターナショナルシェアハウスの魅力は、なんといっても、日本にいながら複数の外国人と生活を共にできること。ホームパーティーで自国の料理をふるまったり、英語などを教え合ったり、一緒に出かけたりしながら文化や言葉に触れ合えるのは、シェアハウスならではの醍醐味です。
一方で、シェアハウスでは赤の他人同士が一つ屋根の下で共同生活をします。キッチンやお風呂、洗濯機などが共用なところも多いでしょう。日本人同士でも、生活習慣の違いや掃除の分担など細かな点が気になるものですが、外国人の場合は日本人の常識が通用するとも限りません。ましてや言葉の問題もあるので、ハウス内で問題が出てきた場合は、お互いの文化や習慣を尊重しながら適切なコミュニケーションを取る姿勢が大切です。違いを尊重する気持ちさえあれば、楽しく国際交流できる絶好の機会ですよ。

PICK UP

News

2017/12/25
シェアハウスで暮らす際の注意点を更新致しました。
2017/12/25
異文化交流が可能なシェアハウスを更新致しました。
2017/12/25
安心安全の生活のための下準備を更新致しました。
2017/12/25
新たな交流が期待出来るを更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加